CLUB Introduction

CONCEPT

 津山市及び近隣の子どもたちの為に、ジュニア・ジュニアユースの一環指導を目指し、その年代に適した指導を実践し長くサッカー及び他のスポーツに関わることのできる選手の育成を目指します。


活動目的

 当クラブはサッカーを通じ、青少年の精神ならびに身体の健全な育成を図り、会員相互の協調とコミュニケーションを深め、1人ひとりにスポーツの喜びを伝 え、夢と才能を大切に育てながら、地域への貢献ひいては日本サッカー界の発展に寄与することを目的に、サッカーの指導を行う。


指導指針

 選手個人として、将来のことを考え基本技術の獲得と応用への発展を大切にします。そして、ただプレーする「楽しさ」から、相手との駆け引きやチームとして どう戦うか等「サッカーの面白さ」を理解させる。当然、スポーツの持つ厳しさや競争、仲間との協力といった部分も大切に学びながら個人の持つ能力を伸ば し、各年代での日本代表やプロ選手も目指す。


ジュニア

〈Jフィールド津山の考え〉

 幼稚園・小学生年代は「神経系の発達をうながす」「(瞬発力を第一に)運動能力を高める」「基本技術を身につける」「仲間と楽しくサッカーをする」「目標 を持って努力する」ということが大切です。Jフィールドでは、これらを前提にトレーニングを行い、より高いレベルの選手の育成を目指します。


ジュニアユース

〈Jフィールド津山の考え〉

 中学校年代は「運動能力を高める」「基本技術を身につける」「より高い目標を持ち、競技スポーツとしてサッカーに取り組む」ということを大切に指導します。当然、これらを前提にトレーニングを行い、試合を経験し、より高いレベルの選手の育成を目指します。

 また、チーム活動で試合をするということは、公式戦ともなれば、当然その時点でのレギュラーやサブもはっきりと区別されます。ただ、そういったス ポーツの世界での厳しい現実の中でしか学べないものもあります。様々な経験を通して、サッカーはもちろんのこと、精神的な部分の成長も目指します。

 また、将来の進路のことも考え、サッカーしかできない人間ではなく「いい選手=いい人間」という考えで勉強面やマナー教育も重要と考えています。そして、生涯スポーツとしてとらえた場合に長くサッカーを楽しめる選手の育成及び普及にも努めます。


方針・規則

  • 練習方法に関しての意見は一切受け付けません。
  • 人の話を聞けない、練習の雰囲気を乱す選手は練習させません。
  • 練習を休む場合は連絡をしてください。(できれば直接、椿本か日植ドームまで電話して下さい)
  • スクール生としてふさわしくない行動をとった場合、事情によっては退会していただくこともあります。(各学校において、何らかのトラブルを起こしたり、生活態度が乱れてきた場合など)
  • 当スクールの練習、また移動時等のスクール行事中における事故やトラブル等については、指導者、スクールは一切関与しません。(各家庭において責任をお願い致します)
  • ※スポーツ傷害保険には入会と同時に加入しています。
  • 当スクールではサッカーを通していろいろな面も指導していきます。スポーツ選手としてまた小学生として当たり前の日常生活、学校生活、礼儀、食事というようなことも厳しく指導させていただきます。